ついに見つけた、CTA作成プラグイン「WPi Designer Button」

CTAは、ビジネスブログには欠かせない機能です。

ですが、このサイトで使っているテーマ、micata2にはCTA作成の機能が付いていません。

ですので、長いこと、「Wordpress Calls to Action」と言うプラグインを使って装備していたのですが、フォントが気に入らなかったり、エラーが多かったりで、使い心地の良いものではありませんでした。

そんなこんなで便利なCTAプラグインを探していたら、ついに見つけたのです。

それが、

「WPi Designer Button」

です。

プラグインの機能

WPi Designer Buttonは、ボタン、CTAを作り、それをショートコードで呼び込み、好きなところに表示させることができるプラグインです。

同様のプラグインである、Calls to actionと比べると

  • 日本語でも見やすいフォント
  • カスタマイズの自由度
  • テンプレートの豊富さ

などなど、圧倒的に使いやすいです。

baidu-ime_2016-10-30_9-11-39

このプラグインは、説明が完全に英語であり、解説している日本語サイトも今のところないので、僕の英語力では完全には機能を紹介できないことをご了承ください…。

豊富な色、フォント、アイコン

baidu-ime_2016-10-30_9-48-16

baidu-ime_2016-10-30_9-48-36

baidu-ime_2016-10-30_9-46-16

使い方

それでは実際につくってみましょう。

まずは、こちらの、Call to Actionをクリック。

baidu-ime_2016-10-30_9-16-23

ちなみに、「button」は、ボタン、「Twin Buttons」は二択を迫るボタンです。

「Styles」はよくわかりません。

「add new」で編集ページに移れるので、

baidu-ime_2016-10-30_9-18-39

まずは、「preset」の中から好きなテンプレートを選びましょう。

baidu-ime_2016-10-30_9-20-4

後は、これを自分用に編集するだけです。

編集の方法は二つあります。

一つ目は、画面上のプレビュー画面上のアイテムをクリックする方法。

baidu-ime_2016-10-30_9-22-47

二つ目は、画面下の個々の設定画面から編集する方法。

baidu-ime_2016-10-30_9-28-28

忘れちゃいけないのが、ボタンのリンク先の設定ですね。

ランディングページ、または、お問い合わせページへのリンクを入力しましょう。

一つ注意!テキストボックスでエンターキーを押しても改行されません。

エンターの代わりに<br>と言うタグを打ち込みましょう。

baidu-ime_2016-10-30_9-41-11

満足の行くCTAが出来たら、サイトの任意の場所に貼り付けます。

ショートコードをコピーして

baidu-ime_2016-10-30_9-30-0

「ウィジェット」に貼り付け。

baidu-ime_2016-10-30_9-31-24

で、完成です。

baidu-ime_2016-10-30_9-11-39

CTAのクリック率は、記事下が一番高いです。

記事下だと、1カラムのサイトの方が見栄えが良いかもしれません。

Web集客に、無駄な時間を使っていませんか?

Web集客にかける時間は、「1日1時間」で十分です。
Webdomのコンサルティングでは、最低限のコストと時間で結果を出すための指導を行います。
もし今無駄な時間をかけているのなら、ぜひ受けてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です