超具体的!当サイトが行っているインバウンドマーケティング手法をご紹介

インバウンドマーケティングとは、いわば、「待ちのマーケティング」です。

低コストゆえに低リスクではあるものの、効果が出るのに時間がかかる、効果が出る保証がない、と言う欠点もあります。

具体的に何をすればいいのかわからない…と言う企業も多いのではないでしょうか。

 

と言うことで、当サイトが行っている、インバウンドマーケティングの手法をご紹介します。

ちなみに、レンタルサーバー代以外は一円も使わない、ドケチなインバウンドマーケティングです。

①「売れる」セリングページの作成

セリングページとは、名前の通り、売るためのページです。

ランディングページと言われてイメージするものと一緒と思ってくれて構いません。

セリングページでは、

  • サービスの紹介
  • 費用の紹介
  • 自社特有のセールスポイント

の、3つを必ず漏らさないようにしています。

詳しくはコチラの記事で。

セリングページとは??ランディングページとの違いと、最適化方法

セリングページは、ランディングページと同様、1カラムで、画面いっぱいに、それも、デザインにも凝ったものを使う方が効果的です。

それを例えばワードプレスで作るのは、おそらく非常に難しいです。

ですから、僕は、無料のWebサービスを活用しています。

いくつかご紹介しましょう。

ペライチ

ペライチは、国産のランディングページ作成テンプレートです。

めちゃくちゃ使いやすいですが、無料会員だと、1サイトに付き1ページしか作れないところが玉に瑕。

こんな感じのページが簡単にできます。

screencapture-peraichi-com-landing_pages-view-dwrf3-1467505599115

使い方はこちら。

「ペライチ」のwordpressでの運用方法と、無料会員で出来ること

Instapage

Instapageは、海外産の、ランディングページの作成テンプレートです。

フォントなど、多少の使いにくさはありますが、無料でもつくれるページ数に制限はありません。

Instapageはこんな感じに。

 

screencapture-kigyou-ouen-net-shisakudayo-1467281067903

使い方はこちら。

無料LP作成プラグイン「instapage」の魅力と使い方!!

 

②クリックされるためのCTAの作成

CTAは、Click to Actionの略です。

要するに、先ほどのセリングページへと誘導する導線です。

サイトのサイドバーなど、見やすいところに設置するよう心がけています。

こちらも、テキストリンクで自作することはできますが、面倒なので、無料のサービスを使っています。

WordPress Calls to Action

こちらは、ワードプレスのプラグインとなっています。

このようなCTAを作成できます。

便利っちゃあ便利なのですが、僕はそれほど優秀なプラグインではないと思います(笑)

問題点も含めた、使い方はこちら。

CTAを設置できるプラグイン「WordPress Calls to Action」の使い方

Leadin

こちらは、購読を促すメールフォームを出現させてくれます。

特徴的なのは、動きがあることです。

例えば、読者が記事の半分まで読んだら右下に出現させるようにする、なんて設定が簡単にできちゃいます。

シンプルな見た目が気に入っています。

こんな感じのメールフォームができます。

Baidu IME_2016-6-30_7-14-51

使い方はこちら。

【Leadin】下からにゅるっと出てくるメールフォームが作れるプラグイン

mailchimp

Leadinで作成したメールリストにメールを送るためのツールが、mailchimpです。

HTMLで、デザイン豊かなメールと、リーチの分析が可能となっています。

➂お問合せフォームの作成

さきほど紹介した、ペライチなんかには、お問い合わせフォームを貼り付ける機能はあるのですが、Wordpress側でも作っておいた方が何かと便利なので、プラグインを使って作成しています。

「contactform7」を僕は使っています。

 

ここまでやれば、ブログをマーケティングツールとして活用している、と思っていいんじゃないでしょうか。

インバウンドマーケティングに最適なテーマがある!?

以上のように、インバウンドマーケティングを無料でこなすには、いくつかのWebサービスに頼る必要がありました。

そんなもんめんどくさい!って方に、こちらの有料Wordpressテーマがおススメです。

「アルバトロスシリーズ」

です。

https://open-cage.com

本当に本当に多機能です。

ちなみに、最新モデルの、「stork」で作れるランディングページのサンプルです。

screencapture-demo-stork-open-cage-post_lp-test-1477166458798

インバウンドマーケティングの心構え

インバウンドマーケティングに取り掛かる際、留意して欲しいことが一つあります。

PVに拘らないことです。

そもそも、ビジネス系のサイトは、アクセスが集まりにくいんです。

狙うキーワードの検索数が桁違いなのですから。

「ドラゴンボール」と、「インバウンドマーケティング」では、1000倍もの差があります。

つまり、単純なアクセスでは、趣味系のブログに敵わないのは仕方がないことなのです。

アクセス数で

アクセス数で負けていようと、契約数で勝っていればいいのです。

広告収入目当てでPVをあくせく稼がなきゃいけないサイトとはそもそもの目的意識が違うわけです。

逆に言えば、PVを稼げていても、顧客層とかけ離れた人によるPVでは意味がないということになります。

PVが少なくても心配はいらない、と同時に、ページを量産しても意味がないですよ、と言うお話でした。

Web集客に、無駄な時間を使っていませんか?

Web集客にかける時間は、「1日1時間」で十分です。
Webdomのコンサルティングでは、最低限のコストと時間で結果を出すための指導を行います。
もし今無駄な時間をかけているのなら、ぜひ受けてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です