Googleアドセンスが稼げない今、ブログの収益化のために考えるべきこと

はっきり言って、Googleアドセンスは、稼ぎにくいです。

間違いなく。

広告貼るだけだから楽なんですけどね。

なんでかと言うと…

アドセンスは、「見せ方」が下手くそ

そもそも、広告収入と言うのは、広告を掲載したことによる広告主の利益に対する報酬、です。

つまり、広告主の利益にどれだけ貢献するか、が広告収入の多寡を左右します。

そして、この広告主の利益と言うのは、必ずしも、広告の掲載回数だけに依存するわけではありません。

当然、

どのように見せるか、

と言う点も、非常に大きく関与してくるんです。

まず、「効果的な広告の見せ方」の例を紹介します。

こちらの、ヤギログさんの記事を見てください。

http://www.jimpei.net/entry/wimax

ポケットWi-Fiの一つであるwimaxを紹介する記事です。

そして当然、記事中にwimaxの広告が掲載されています。

この記事の凄さは、記事を見に来た人と、広告の内容の親和性が非常に高いことです。

当然このような見せ方をすれば、クリック率、さらには成約率も上がりますよね。

効果的な見せ方もあれば、当然効果的でない見せ方もあります。

お察しの通り、アドセンスは多くの場合「効果的でない」方に該当してしまいます。

ヤギログさんのように、売る商品を考えたうえで記事を作成するような柔軟さがアドセンスにはないからです。

悪く言うと、「数うちゃ当たる」に過ぎないと言うことです。

その点では、テレビコマーシャルや、Youtube広告も一緒ですが、それらは、強制的に見せることができる上、音声、動きでアピール出来るので、その弱点を補うことができるのでアドセンスよりははるかにマシです。

 

…と言うことで、アドセンスに代わる収益モデルを紹介します。

「アフィリエイト」と、「自らの商品の紹介」です。

アフィリエイト

「アフィリエイト」と言う言葉は、広義ではインターネット上の広告のほとんどを指すので、アドセンスも含まれてしまいます。

なのでここでは、アフィリエイト=売り込む商品を意識して記事を作成したもの、と捉えてください。

先ほどから言っている、「見せ方」の工夫をし易いです。ヤギログさんの例も、アフィリエイトに該当します。

例:書籍のアフィリエイト

こちらは、有名ブロガーの、イケダハヤト氏が積極的に取り入れています。

彼はよく、ブログで書籍の紹介をしていますね。

このように、Amazonのページへのリンクが貼ってあるのですが、これを踏むと、クッキーにユーザー情報が保存され、購入者の購買額のなんと、3%がイケダハヤト氏に入るのです。

ちなみに、2chまとめサイトの記事終わりによくAmazonへのリンクが貼ってあるのもこのためです。

まあ、ここらへんはブログやってる人なら常識ですかね…??

アフィリエイトの欠点

市場の飽和感

アフィリエイトは、儲かる人は正直かなり儲かってます。

…ですが、もう遅いかな、と。

そもそも、インターネット上で成約するようなものって結構限られてるんですね。

レンタルサーバー、クレジットカード、FX、Wi-Fiなどですね。

そしてこれらの、単価の高いアフィリエイトはもうすでに競合がいっぱいです。

となると、結局楽天やアマゾンなどの単価の低いアフィリエイトをせざるを得ないことに。

…となるとアドセンスと大差ないくらいの収益しか見込めないでしょう。

ブログの魅力喪失の可能性

アフィリエイトを意識するということは、ユーザーのために記事を書かなくなる、と言うことです。

極端な話ですが。

アフィリエイトを意識した記事ばかり書くことで、あなたのブログを楽しみに毎日購読している人を、もしかしたら失うことになるかもしれません。

それに、今までよりブログを書くのが楽しくなくなるかもしれません。

記事を書いて得るものがない

僕は、このサイトの記事を書くとき、論拠を探すために本を読んだり、ネットサーフィンをしたりします。その最中に知らなかったことによく出会います。

そしてそれを記事としてアウトプットすると、知識が定着するのを感じます。

そしてあれこれ思考を巡らすうちに、新しいアイデアが浮かぶこともあります。

これは非常に大きな副産物です。たとえこのサイトをやめたとしても、知識は消えることはありません。

ですが、アフィリエイトサイトの場合はどうでしょうか。

所詮他人の作った商品に乗っかているにすぎません。

レンタルサーバーの比較記事をいくら書いたところで、レンタルサーバー博士になるだけ…。

自身の商品を売り込む

自身のブログを起点に、自身の商品を売り込みます。

  • 情報商材
  • セミナー
  • コンサルティング
  • ブログサロン

などがあります。

広告との相違点は、なんといっても単価ですね。

100%自分のもとに入るわけですから。

イケダハヤト氏の場合はこんな感じに売り込んでます。

baidu-ime_2016-10-5_2-7-27

 

例:ブログサロンの開催

いわゆる、「ブロガー」として、成功を収めた人の多くは、ブログサロンを経営しています。

ブログでの成功体験を、「商品」として販売するわけです。

はてなブログ出身の人が多いイメージですね。

はてなブログの読者は、はてなブロガーが多くを占めますから、ブログサロンの経営と相性がいいのでしょう。

「自身の商品の販売」の欠点

「何」を売るの??

僕のように、比較的小難しいブログを書いている人にとっては、何かを教える、と言うことが商品となりえるので、想像しやすいと思います。

自らのノウハウを商品にすればいいのですから。

自分のサイトに来ている以上、そのノウハウに多少なりとも興味はあるはずですから。

が、例えば、マンガの「ワンピース」についてブログを書いている人だったら…

…ちょっと難しいですね。

まあ、発想的には、ワンピースの二次創作作品を作ってそれを売り込む、とかですが、あんまり現実的ではないですね。

商品の売り込みやすさは、ブログのジャンルにも依存します。

信用が必要

インターネット上でお金を使う、と言うのは、人によっては非常にリスキーなことに感じます。

怪しげなサイトにお金を払いたくはありませんよね。

ですから、絶対的に、信用は不可欠。

だって、僕らは企業じゃありません。ただの一般ピープルです。信用させるための努力をしなければいけません。

  • (自分の)個人情報を明かす
  • 信用できるお金の受け渡しを提案する
  • サイトのデザイン等、「プロっぽさ」を演出する
  • 効果的なセリングページを作成する

などなど…

お金を払っても後悔しないだろう、と思わせる工夫が必要です。

販売方法の施策が必要

自分で商品を販売するためにやらなきゃいけないことは、思いのほか多いです。

まずは、販売ページそのものの作成、販売ページへのCTAの作成など。

そして問い合わせ方法から、振込方法の整備。

さらに当然商品自体の準備もありますね。

商材なら、書籍化する必要があります。

セミナーならもっと大変です。

カリキュラムを組み、教室を確保し、着ていくスーツまで買わなければいけないかもしれません。

…と、実際に想像してみると、これだけ大変なんです。

生半可な覚悟では準備段階で躓いてしまうでしょう。

趣味を仕事に!

アドセンスに頼らない、ブログの収益化の方法をご紹介しました。

いずれの方法も、何も考えないで広告を貼り付ければいいアドセンスと比較すると、頭を使う必要があります。

でも当たり前ですよね。

好き勝手記事を書いて儲けられるならだれだってやってます。

それを仕事にするには、なんかしらの創意工夫が必要なのです。

これを機に、自分のブログで出来ることを、真剣に考えてみてはどうでしょうか。

Web集客に、無駄な時間を使っていませんか?

Web集客にかける時間は、「1日1時間」で十分です。
Webdomのコンサルティングでは、最低限のコストと時間で結果を出すための指導を行います。
もし今無駄な時間をかけているのなら、ぜひ受けてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です